女性の体臭に対する偏見と誤解

女性の体臭に対する偏見と誤解

女性の体臭に対する偏見と誤解

女性から発せられる匂いに関しての、汚名的な評価は、「社会的衛生」の概念と関連しています。
特に先進諸国でマスコミが広告する衛生製品のCMや広告物は、人間の体から発せられる匂い・臭気に対して、 「どのようなシチュエーションにおいても、他人に迷惑をかけるもの」 とのメッセージを人々に信じこませてきました。

「 清潔・無味・無臭 」 こそ、価値のあるもの”とのメッセージ。
このメッセージは、真実なのでしょうか?

愛の行為を受け入れる場合、このことは重要な課題になっています。
例えば、膣と外陰部は、自浄作用を用い絶えず女性の体を守り続けようとしているので、
外陰部は湿っぽく、「いかにもなんらかの匂いがしそうな状態 」 なのです。
膣は、粘着性の濃度を持っている液体の流れを起こし、自身を洗います。
この流れは、伝染病を防ぐためです。悪い細菌を抑制します。

現代社会が理想とする、「 清潔で完璧な女性 」 は、実は不健康ともいえるのです。
繰り返しになりますが、現代社会は、女性にきちんとしていて、清潔であることを常に求めます。これが、「 女性の体臭 」 に対しての偏見と無理解を強めています。又、男性は女性に比べると、「 清潔であること 」 の社会的許容量が大きいのも事実です。

年齢による多少の幅があるにせよ、女性は常に魅力的で、いい匂いがすることを求められています。自身が持っている全ての身体的機能について「 社会的清潔 」 を強要されやすいことが、体臭に対する偏見とも結びつき、女性たちを苦しめているのです。時に、愛の行為の場面では、日常的に精力的な活動に係わっているにもかかわらず、常にきれい=無臭でいなければならないとの考えから脱することが出来ず、多くの女性達が苦しんでいる事実があります。

女性の身体的機能からみても、女性が自然的な湿気を生じ、特徴的な香りを発することは驚くに値しません。また、多くの女性が自分の女性器を、「匂い・臭いのするもの」と認識していることにも驚くべきではありません。実際、健康な女性器であっても、ホルモンバランス・月経周期・又、精神的な変化によって、【 あそこ 】 は、香りを発しているのですから。

女性自身の芳香による湿った外陰部が健康な証なのです。
女性器の色や形も、個々の女性によって異なっているのですよ。
又、大陰唇・小陰唇は、それぞれの顔立ちと同じくらい違うものなのです。
一般に言われる、「 女性器の形 」 は、想像の範疇を超えてはいません。
あなたの女性器が、「 一般的? 」 で無いからといって、気にすることはありません。
実際の女性器は対称形でも無いし、形も不揃いなものなのです。

~パートナーとの関係~
彼は、「 貴女の本当の匂い” 」 を嗅ぎたがっています。
・・・されど、「 本当の匂い 」 を彼に嗅いで欲しく無い女性もたくさんおられます。

女性は性的に興奮すると、心と体が来るべき出来事に備えます。
その結果、愛液を増やし~膣内は、「 健康的な自身の匂い 」 を活発に発散するのです。
又、女性は自身の存在を示す方法として、生殖活動以外の場面でも、匂いを相手に対し発散しているのです

私達の鼻は遠い祖先達に比べこれらの香りを嗅ぎつける能力鈍化させてしまった・・・。
一方、女性の匂いは確実に男性を性的に興奮させます。

気温が高くなるにつれ、細菌が膣からの不必要な臭気を引き起こすことがあります。
外陰部から匂いがするかもしれないし、不快な味がするかもしれない時があります。
日常生活での蒸れが、陰唇の重なり目に集まるとき起こりやすいでしょう。女性器の通気が悪い結果、暖かい湿った場所を好む細菌を繁殖してしまい、強い臭気と味になってしまうのです。

常に「 魚が腐ったような強烈な臭気 」 なら、感染症などの可能性があるかもしれませんが、それ以外の女性器の匂いとは、うまく付き合うことが大切に思います。自身の健康な状態を知るには、定期的に膣内に清潔な指やタンポンを入れ、自身の匂いを嗅いで、認識しておくことも大切でしょう。

自身の通常の香りと味覚を知っているならば、「 愛の行為の前にシャワーを浴びるか否か? 」
といった、ジレンマ” に悩まされることが確実に少なくなるでしょう。

女性の匂いは、月経周期・性的興奮のレベル・ダイエットなどにも左右されることをお忘れなく。
もちろん、失恋しちゃったときにも。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • お問い合わせ
    2

    お問い合わせ

  • Devil’s_993

    Devil’s_993

  • オーキッド

    オーキッド

  • Devil’s_964

    Devil’s_964

  • サフラン

    サフラン

  • Beauty_032

    Beauty_032