ピアニー

peony

Peony-ボタン
パエオニア属 “チャイニーズ・ピアニー”
パエオニア属ラクティフロラ(異名/パエオニア属アルビフロラ=チャイニーズ・ピアニー)
パエオニア属オフィキナーリス(和/オランダシャクヤク)
パエオニア属テヌイフォリア(英/ファーンリーヴド・ペアニー=和/ホソバシャクヤク)
地面からぼたんが赤い芽を出すと、いよいよ春の到来の合図です。
心に残る香りを持ち、切り花に最適。花園での寿命は20~30年以上です。
園芸家の間では、ピアニー(ボタン)は中国の品種で、中国の一部、シベリア、日本が原産地とされています。
十分生長しきったチャイニーズ・ピアニーは背丈、幅ともに60cm~1.2m、晩春から早春にかけて
径最大25cmの大きな花を咲かせます。花は一重咲き、八重咲きの日本種(アネモネ咲き)があります。
一重咲きの花は1列に5枚もしくはそれ以上の花びらがあり、黄金色の花粉を持つおしべが中央に密集しています。
日本種(アネモネ咲き)は花びらが2列もしくは2列以上で、中心には仮雄ずいと呼ばれる羽のようにふわふわの
花びらのような構造を持っています。これら2種類とも非常に軽く、茎から落ちにくいため雨風に強いのです。
最も人気の高い八重咲きは、花びらの数が多いので中央部はほとんど隠れて見えず、栽培には仕切りが必要です。
色は全種とも純白、淡黄色、ピンクや深紅など様々です。

白い品種のなかでも世界的に優れた品種は’フェスティバ・マクシマ’といい、1851年にデビューしました。
オランダシャクヤク(パエオニア属オフィキナーリス)は、もともとはフランス、アルバニアの野草で、古代から家庭栽培されています。
野生種は通常一重咲きの径12.5cm、深紅の花を咲かせますが、八重咲きで白、ピンク、赤い花を咲かせる野生種もあり、背丈60cm~90cm、
春、チャイニーズ・ピアニーより1~2週間早く開花します。
ホソバシャクヤクは、春、濃い深紅の一重咲き、または八重咲きの径7.5cm位の花で、チャーニーズ・ピアニーより1ヶ月早く開花します。
東ヨーロッパ原産で、背丈45cm、シダのような葉を持っており、夏の間中、庭を美しく飾ります。
室内では、つぼみが開き始めたらすぐ切り花にして使います。葉は最低3枚は茎に残しておくと翌年も自生します。

natural_100

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • お問い合わせ
    2

    お問い合わせ

  • Beauty_007

    Beauty_007

  • ピアニー

    ピアニー

  • Beauty_006

    Beauty_006

  • パイン

    パイン

  • 好色な花の精

    好色な花の精