オーキッド

orchid

Orchid-ラン
ファイウス属 “ナンズ・オーキッド”
ファイウス属タンケルヴィレエアエ (異名/ファイウス属グランディフォリウス=ナンズ・オーキッド)

これらのランは、径最大10cm、一本立ちで黄色、白、赤の組み合わさった 色鮮やかなの花を咲かせます。花は、管状の唇弁を持つのが特徴です。 ほとんどの品種が土に生育し、沼地や湿地にも野生しますが、樹木や岩に着生する ものもあります。 花と同様、葉も特徴的です。背丈90cmほどにも生長し、 温室や温暖な気候下の花園にまるで熱帯地方にいるような雰囲気をかもしだします。 ナンズ・オーキッドは短い卵形の*鱗茎に似たものがあります。厚味のある90cmの 葉が重なり合い、春夏になると長さ1.2m、10~20個の芳香な花をつける 穂状花序です。 がくと花びらは周りが白で中心が赤味を帯びており、 その周りは黄色く縁取られています。 *白い唇弁は管状でシワがあり、短い距があります。 中心、横は黄色で周りが濃いワイン色、紫色です。 * 鱗茎(bulb)= おもに肉質の鱗片と、肥大して変更された葉の基部がひどく 圧縮された茎の植えにある貯蔵器官。普通、地下で成長するが、常に地下だけではない。* 唇弁(lips) = 2個またはそれ以上の平らな、あるいはしばしば袋状になった 花被節片から構成された裂片。

natural_100

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • お問い合わせ
    1

    お問い合わせ

  • Devil’s_996

    Devil’s_996

  • レッド・ローズ

    レッド・ローズ

  • Devil’s_946

    Devil’s_946

  • Devil’s_960

    Devil’s_960

  • Devil’s_987

    Devil’s_987