スイセン

narcissus

Narcissus-スイセン
ナルキスス属 “エンジェルズ・ティアー(天使の涙)”和/スイセン
ナルキスス属トリアンドルス・アルブス
多属多種で、一般名はスイセン、ラッパズイセン、キズイセン 春を代表する花の中で最も代表的なのがナルキスス属です。 また、これほど生育しやすい春の花も他にありません。 手入れも最小限ですみ、ほとんどの品種は寿命が長く花園で何年も持ちこたえ、 しかも繁殖期になると沢山増えます。ナルキッソス属の名前が混乱してしまうほど 多いのは、広範囲に及ぶ異種交配の結果で、以前は全く違う属だったのが現在では 同じ属になっているものもあります。正しい名称はすべてナルキスス属です。 ラッパズイセンはもともとは大きなトランペット形の花の種類でしたが、 現在ではナルキスス属一般に使用されるようになりました。 キズイセンという名は、もともとはナルキスス属ヨンクイラという品種だけでしたが、 現在ではその改良品種もキズイセンという名がつきます。

natural_100

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • お問い合わせ
    1

    お問い合わせ

  • Beauty_001
    4

    Beauty_001

  • ブルーボネット

    ブルーボネット

  • Beauty_008

    Beauty_008

  • バナナ

    バナナ

  • Devil’s_968

    Devil’s_968

  • パイン

    パイン