ハイビスカス

hibiscus

Hibiscus-ハイビスカス

ヒビスクス属 “フラワー・オブ・アン・アワー”(和/ギンセンカ)
ヒビスクス属トリオヌム ヒビスクス属マニホット(サンセット・ハイビスカス)和/トロロアオイ
ヒビスクス属トリオヌム (フラワー・オブ・アン・アワー=和/ギンセンカ、グッドナイト・アト・ヌーン)

この2種類は、種植え1年目で開花するので、どの地域でも一年草として生育可能です 最も人気が高く印象強い品種は東アジア原産のサンセット・ハイビスカス (和/トロロアオイ)で、赤味がかった茎は背丈2.4m~2.7m、晩夏、 径17.5cm~22.5cmの大きくて中心が栗色で黄色または白の花を咲かせます。 これよりも背丈の低い品種が、東半球の熱帯地方原産のヒビスクス属トリオヌムで、 背丈最大45cm~60cmです。一般名は、フラワー・オブ・アン・アワー (和/ギンセンカ)またはグッドナイト・アト・ヌーンと言い、短期間ですが、 中心の2.5cm~3.8cmが栗色がかった、レモンイエローの花を咲かせます。 1つの花の開花期間は短いですが、真夏から晩秋にかけて次々と開花します。 新種は、品種改良後、従来の品種のように昼前にしぼむ一日花ではなく、 一日中開花します。

natural_100

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • お問い合わせ
    1

    お問い合わせ

  • Devil’s_945

    Devil’s_945

  • Beauty_037

    Beauty_037

  • Beauty_024

    Beauty_024

  • Beauty_043

    Beauty_043

  • Devil’s_980

    Devil’s_980