アブサン

absinthe

Absinthe-アブサン

アルテミシア・アブサンシゥム(ヨモギ属)、(和/ニガヨモギ)
アルテミシア・バル・サティバ (英/フレンチ・タラゴン)

この2つのアルテミシアは同じ属でありがなら、特徴はだいぶ異なります。
ニガヨモギは聖書に出てくる“苦い薬草”の一つで、かつては、常用すると脳に障害をきたすと有名なアブサンというフランス酒の香りづけに使われていました。
タラゴンのほうは、フランス料理には欠かせないハーブで、かすかにアニスの香りのする葉は、牛肉、子牛の肉、チキン、魚、卵料理に使われ、タラゴン・ビネガー独特の原料です。
タラゴンは料理にのみ使われますが、ニガヨモギのほうは筋肉痛の湿布薬にも使われます。

natural_100

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • お問い合わせ
    2

    お問い合わせ

  • Devil’s_970

    Devil’s_970

  • ピアニー

    ピアニー

  • クラブアップル

    クラブアップル

  • Devil’s_997

    Devil’s_997

  • Devil’s_949

    Devil’s_949