ブルーボネット

bluebonnet

Bluebonnet-ブルーボネット
ルピヌス雑種、ルピヌス属サブカーノサス 主に ルピヌス・ルテウス、ルピヌス・ プベセンス、 ルピヌス・ ハートウェギーとルピヌス・ヒルストゥス (異名/アニュアル・ルピン)、 ルピヌス・サブカーノサス、 異名ルピヌス・テクセンシス (テキサス・ブルーボネット)との改良品種

ルピヌスの植物名はラテン語の”Lupus”(オオカミ)に由来するとされており、深く根を張る植物を 植えると土が早く痩せる、という誤った考えからこの名がつきました。 エンドウ科の植物で、一年草のルピヌス(ハウチワマメ)は、真夏になると品種にもよりますが、 長さ30cm~90cmの穂状花序に、青、薄紫、ピンク、白または2色の花を咲かせます。 品種一覧表にはほとんど、単にハウチワマメ、またはルピヌス・ハイブリッド(ルピヌス雑種) と記載されています。色が豊富な一年草ハウチワマメの他にも、美しいテキサス・ブルーボネット (テキサスの州花にもなっています)という品種があり、アメリカの至る所に生息しています。 *ルピヌス=ルピナスといもいう

natural_100

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • お問い合わせ
    1

    お問い合わせ

  • Beauty_001
    4

    Beauty_001

  • Devil’s_978

    Devil’s_978

  • Devil’s_951

    Devil’s_951

  • Devil’s_959

    Devil’s_959

  • アカシア

    アカシア

  • Devil’s_977

    Devil’s_977